ネイル検定の試験内容は?

ネイル検定の試験内容がどんな感じなのか、まだスクール通いや通信講座をスタートさせていない人にとっては、非常に気になるところだと思います。
難しいなと感じて、やっぱやーめた!と投げ出さない人だけ試験内容をチェックしてみてください(笑)

 

ネイル検定の内容

 

※ネイル検定にはいくつか種類があるのですが、その中でもよく知られていて人気のある「JNAジェルネイル技能検定・初級」の試験内容を紹介しています。

 

@レベル
初級→中級→上級と3段階あり、それぞれの基準は以下の通りです。
・初級:ネイルケアやジェルネイルに関する基本的な技術や知識を学ぶ
・中級:プロとして働くために通用する知識や技術を習得する
・上級:ネイルケアのスペシャリストとして求められる知識や技術を習得する

 

A試験内容(初級)
・実技試験1:ネイルケア【手指の消毒→ポリッシュオフ→ファイリング→キューティクルクリーン(両手10本)】
・実技試験2:ポリッシュカラーリング(左手5本)・ジェルカラーリング(右手5本)・ジェルアート(右手中指)
・筆記試験:ネイル全般やジェルネイルに関する基本的な知識から出題

 

初級の内容は、仕事としてやっていくというよりも自分やお友達のネイルを楽しむ範囲で、役立つ技能や知識になるでしょう。
中級や上級の試験内容については、日本ネイリスト協会のサイトで見れますので、プロレベルの技術を磨きたいという人はぜひチェックしておいてください。