ネイルサロンを開くには資格が必要?

ネイルサロンを開く時にはどんな資格が必要になるのでしょうか。
独立して自宅でネイルサロンを開く場合には、何かの資格が必要になるのではないかと思うかもしれませんが、実はネイルサロンのお店を開く場合には、ネイリストとしての資格は必要ありません。
もちろん、ネイリストとして働く場合にも、ネイリストの資格は必要ありません。
ですが、お客様として来た時のことをイメージするとわかりますが、資格がない人にネイルを任せるのは怖いですよね。

 

ネイルの資格

 

ネイルの資格はネイル検定です。
ネイル検定は3級〜1級まであり、3級は初歩的な問題ばかり出てきますので、比較的簡単に合格することができます。
そのため、3級を取得していたとしてもそれほど就職やネイルサロンを開く時に役立つことはありません。
実力を証明する上でも、ぜひ1級を取得しておきましょう。
1級を取得するためには、学科と実技を合格しなければならないため、合格さえしていれば知識も技術もあることが証明され、独立したとしてもネイル検定の1級を取得していればお客様にも任せてもらえるでしょう。

 

ただ、ネイル検定の1級ともなるとかなり難易度が高くなっていると言われており、学科は勉強すれば問題ないのですが、実技は非常に難しいようです。
具体的な内容としては、赤のマニュキュアを塗る、甘皮などのケア、季節に合ったアートをする、折れた爪を補強するという内容になっています。
これの何が難しいのかというと、時間が短くて間違えても直す時間がなく、道具を置く場所を間違えただけで減点になってしまうことです。
しかも、厳しい人になると、脚を組んだ、服の色が派手、道具を落としてしまうなどの理由で、減点されてしまうことがあります。
ネイル検定の1級に合格するためには、普段から努力を欠かさないことが重要になります。
ちなみに、上記で説明しているネイル検定は、NJAネイル技能検定試験のことです。
もう一つのネイル検定試験であるINAネイルスペシャル技能検定試験は、学科試験と実技試験が行われ、レベルに応じて試験を受けられます。

 

 

主に、この2つの資格を取っていれば、ネイルサロンを開いても信頼されやすくなりますし、ネイルサロンに就職するにしても、雇ってもらえる確率が高くなります。
もちろん、資格を取得することも大切なことですが、それ以上に信頼してもらえる程の実力を付けることも忘れず、資格を取得した後も努力を忘れないようにしてください。