.ネイリストの需要はある?

立派なネイリストになる!と意気込んではみたものの、実際にネイリストはどれくらい需要があるのか気になりますよね。
お客様はどれくらいいるのか、就職先はあるのか、独立しても安定した収入はあるのかというように、色々な疑問や不安が浮かんでくると思います。

 

ネイリストの需要

 

ネイリストの需要はどれくらいあるのかと言っても、お客様からの需要とネイルサロンからの需要の2つに分けられます。

 

@お客様からの需要
お客様に需要があるのかどうかは、実際にネイルリストとして働いている人がいる、ネイルサロンがあるなどのことからも分かるように、需要はあります。
但し、ここでもお客様にどのような需要があるのか分けられます。
例えば、デザインのセンス、ネイリストの人柄、満足できる料金というように、個人個人需要が異なっています。
デザインセンスが良くてもネイリストと合わなかったり、デザインもネイリストも満足だけど、料金が高くてなかなか行く気になれないと言うように、お客様一人一人の需要をできるだけ叶えられるような、ネイリストを目指す必要があります。
お客様にとって需要のあるネイリストではありますが、独立する場合はもちろん、ネイルサロンに就職する場合も常にお客様の需要を意識してください。

 

Aネイルサロンからの需要
自宅で独立してネイルサロンを開いている人もいるのですが、ネイルサロンからの需要も多くあります。
但し、求人募集をしている項目を見てみるとわかりますが、応募条件としてネイル検定2級以上やサロン勤務経験のある方など、様々な条件を出していることがあります。
これはつまり、ある程度実力があって即戦力として働いてくれる人を探しているのです。
経験がない人や検定に合格していない人は、ネイリストとして就職先を探すのに苦労してしまうかもしれません。
ネイルサロンは、お客様の需要を見ても予想できると思いますが、確かな技術があるだけでは良くありませんし、人柄が良かったり、自分なりに努力をしているだけではネイルサロンからも需要がないのです。
ネイリストとしてネイルサロン働きたいのでしたら、まずはネイル検定に合格して、自分にはネイルの基礎的な知識や技術があることをアピールしてみましょう。

 

 

ネイリストはお客様からもネイルサロンからも需要がありますが、やはり供給するあなた自身の実力が大切ということです。
ただ頑張るのではなく、どんなネイリストになるのか明確に目標を定めてから、勉強をしてください。